海浜緑地、建設残土、埋立地の植栽基盤の緑化に最適
◆品 種 名:あも青(阿藻青)
◆草 種 名:サワスズメノヒエ(シーショアパスパラム)
◆学   名:Paspalum vaginatum
◆原 産 地:北米、オーストラリアなど
◆育 成 地:アメリカ合衆国
◆特   長
塩生植物(halophyte)であるあも青は、海水による散水も可能で、既存の芝草の中で最も耐塩性が高いといわれる。またpH適応範囲も4.0〜9.8と非常に幅広く、冠水抵抗性も強い。各種ストレス環境で生育可能な環境ストレスに非常に強い芝。
◆草   丈
30mmから60mm [通常刈高]
(草丈は生育環境により大きく異なります。)
◆用   途
海浜緑地、人工砂浜等の土壌保全、埋立地、河川汽水域等の緑化
◆繁殖形式
栄養繁殖(ほふく茎による)
◆植付工法
ZN工法(二重ネット工法)、張芝工法、ポット植工法、根茎吹付工法、V-way工法(根茎条植工法)他各種栄養繁殖方式による。
海水や再生水をかけても、このターフクオリティーを維持できるのは、塩生植物であるあも青ならでは。このターフ品質で土壌をほとんど選ばない。これまで芝の常識を塗り替えた画期的な芝である。
特長インデックス

[あも青 概要]に戻る